SMT両面基板のデザインと発注

毎度どうも山下です。

小型のarduino互換機、microduinoのシールドとして、音声の録音再生機を作っています。ユニバーサル基板でのテストがうまくいったので、プリント基板を作ることにしました。

テスト基板表面
テスト基板表面
テスト基板裏面
テスト基板裏面

Eagleで回路図とレイアウトを作りました。ラウティングは細かすぎて大変なのでオートラウターでガッとやってもらいました。

回路図とレイアウトを作成
回路図とレイアウトを作成。シルクはメチャクチャですが試作なので勘弁

今回は集積度が高いので、自作は諦めて工場で作ってもらうことにします。FabLab SENDAI – FLATの大網さんに教えてもらった、Elecrowを試してみます。5個とか10個から作れるので試作にぴったりです。今回は10個注文して、シッピング含め¥2,938でした。

Elecrowの注文画面。色が選べる!
Elecrowの注文画面。色が選べる!

Elecrowが受け付けるGerberファイルのセットを作るためのCAMファイルが提供されてます。デザインルールファイルは注文画面下部からダウンロードできました。発注は思っていたより親切で簡単でした。

届くまで1週間と少しかかりそうなので、それまでは他のことをやろうかと思います。

草々敬具

勝手にアーティストを名乗って本気で遊んでいます。プログラミングと電気は任せて。

「SMT両面基板のデザインと発注」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。